プログラミング能力検定

ここが重要!プログラミング能力検定は、2022年度より高校にて必修化される「情報Ⅰ」のプログラミングに関する領域に対応しています。
この情報科目は、2024年度の大学入試共通テストから必修となります。

プログラミング能力検定は、プログラミングの基礎となる知識を測るための試験です。順次処理、条件分岐、繰り返し、変数など、プログラミングの概念の理解度を体系的に分析・評価することで受検者のプログラミング能力を詳細に測り、それまでの学習成果を証明すると共にその後の効果的な学習に繋げることができます。

プログラミング能力検定は、オリジナルのビジュアルプログラミング言語、およびテキストプログラミングに対応しており、幅広い層に受検いただくことができます。

ジュニア・プログラミング検定との違い
●ジュニア・プログラミング検定は小学生のみを対象としていますが、プログラミング能力検定は小・中・高校生までが対象。
●随時受検できません。開催期間中の受検となります。

2021年2月15日